ティータイム好きがオススメの暖かいアルコールのお飲み物

このブログはどんなブログ?
このサイトにお越しくださいまして、ありがとうございます!ティータイム好きなヴィンテージTea with DressのAtsukoです。簡単に説明しますね…

ティータイム好きなヴィンテージショップTea with DrrssのAtsukoです。

私は寒い時は素直に温かいものが飲みたくなります

Atsuko

この季節はあたたかいお酒も好きです

博多だるまさん(コーヒー好き)

僕も好きたい!

Atsuko

あら、
博多だるまさん、こんにちは。
知ってますよ〜、博多だるまさんはお酒が強いですもんね。

博多だるまさん(コーヒー好き)

流石! 飲み仲間やもんね

博多だるまさん(コーヒー好き)

皆さん、はじめまして。
珈琲が大好きな博多だるまです。

Atsuko

今日はね、私が最近ハマっている温かいお酒についてご紹介しますね…

目次

それはアイリッシュコーヒーです

皆さんはアイリッシュコーヒーを飲んだことがありますか?
アイリッシュコーヒーがどんな飲み物か、ご存知ですか?

たまたま知人にアイリッシュコーヒーを飲んだことがあるかと聞いてみると、飲んだことがない人が多かったです
名前を知っているけど、何が入っている飲み物なのかご存じでない方もいらしゃると思いますので、簡単に説明いたしますね。

アイリッシュコーヒーはコーヒーとウイスキーを割ったホットコーヒーで、上にクリームをのせた飲みものです

アイルランドのカクテルとして有名です

日本ではパブやバーで飲めると思いますが、カフェでは見かけない飲みものですね…

ウイスキーが入っているだけでカクテルのカテゴリーになるからでしょうか

コーヒーがこんなに盛り上がっているのに、アイリッシュコーヒーはオールドファッション的な飲みものとなっているんでしょうね

なぜこのドリンクが誕生したのか?

アイリッシュコーヒーの由来をググってみると、いろいろな説があるようです

アイルランドの漁師が寒さを凌ぐために、コーヒーにアイリッシュウイスキーを入れたとか、ダブリン空港のバーカウンターで出されたなどでした

共通しているのは、寒いアイルランドの国のウイスキーを使ったアルコールというですね

コーヒーにウイスキーを入れて、クリームまで入れるなんて、これをつくった人なかなかの知恵の持ち主ですね

最近、無性にアイリッシュコーヒーを飲みたくなったので、レシピを調べてみるといろいろな動画がありました

私のお気に入りの動画はこちらです

サムネの派手さが気になりますが、アイリッシュコーヒー自体はベテランのバーテンダーさんがつくっていますので、所作がとても美しいです

女性のバーテンダーさんって憧れますよね…

アイリッシュコーヒーをつくる道具も素敵で、アイリッシュコーヒーのグラスを温める専用のアルコールランプのスタンドが気になりました

これ欲しい!

ググってみると、廃盤のようでした( ;  ; )

ロゴ入りのグラスも廃盤でした( ;  ; )( ;  ; )

残念!

アイリッシュコーヒーセットはもう手に入らないのか…

確かにコーヒーのブームは続いているけど、アイリッシュコーヒーのブームはないですものね…

いつ飲んだか覚えていませんが、初めてアイリッシュコーヒーをいただいたのは…

私がアイリッシュコーヒーを初めていただいたのは、多分20代のような気がするけど、多分、原宿にあったカフェでした

夜ディナーへ行った後にそのカフェへ立ち寄って、連れの方がオーダーしたので私も飲んでみたくていただきました

そのときの味はよく覚えていませんが、とてもいい思い出でしたね…

最近つくづく思いますが、20代の時に頂いた食べ物や飲み物の経験って財産だと思います
とある記憶がきっかけで、あのときに経験した味を思い出すこともあります

味を覚えていなくても、場所の記憶とか叙情を懐古することって歳を重ねるととても必要なことなんだと思います

若い方もそうでない方も、今日が一番若い日だと思うと、やれないことの言い訳はしないほうがいいですよね

とセンチメンタルになりましたが、アイリッシュコーヒーをつくるお話に戻りますね

何事も形から入る派の私にとっては、グラス、ランプなど道具が気になります

素敵なバーテンダーさんの所作や道具を拝見したところで、実際につくってみることにしましたが、同じ道具がないなりに、アイリッシュコーヒー専用グラスのように、耐熱ガラスでも足がついているもので頂くのが良いなぁ~とか、アルコールランプは何で代用しようかな〜とか、Amazonと睨めっこしならが私のアイリッシュコーヒーへの旅がはじまります

今手に入る道具で変換して、令和のアイリッシュコーヒーをつくるよ!

と、まずは道具はおいおい揃えていくとして、お味から確認して行くことにします

アイリッシュコーヒーをつくってみました

『材料』

コーヒー15g
クリーム30g
砂糖小さじ1 (※とあるレシピだと大さじ1くらいでした)
ウイスキー30g

◆コーヒーは今ストックしてあるコーヒー豆が、自家焙煎した浅煎りコーヒー
コーヒーミルで挽いてからコーノーのコーヒーサーバーで淹れていきます

◆同時進行でウイスキーを温める
ウイスキーはサントリーの角で練習してからアイリッシュウイスキーを買ってみよう
小さめのミルクパンにウイスキーとグラニュー糖を入れます
本当はざらめでやってみたかったけど、とりあえず甘さをチェックしてみます

私は低糖生活をしているので、日頃からお砂糖は控えめです

レシピでは大さじ1くらいでしたが、とりあえず、分量通りに入れないで小さじ1のグラニュー糖を入れて、甘さ控えめにしてみました

◆生クリームを泡立てて少しドロッとさせます
ホイップクリームまでにはならないくらいの緩さを目指して、ハンドブレンダーで攪拌

同時進行で3つの工程をするので大忙しです

これをバーテンダーさんは、お客様に見られている中でおつくりするのだから、バーテンダーさんは技術職だなぁ~なんて、こうやってアイリッシュコーヒーをつくってみると、プロフェショナルの方を想像しながら気がつくことがあります

そんなことを考えながら、次にウイスキーのアルコールを飛ばすために火をつけましたが、炎がウイスキーのアルコールに走るので、これはちょっとビビる作業です

私はこういうのに慣れていないので、火事になりやしないかとハラハラしました
火を消すにはウイスキーをコーヒーの中に流し込むしかないので、手早く炎に覆われたウイスキーをコーヒーの中に流し込みます

そしてその上にホイップ手前のクリームをのせます

今日は家にあったハーブティー用の耐熱ガラスのカップ&ソーサーにいれました

トッピングはシナモンパウダー

初アイリッシュコーヒーのお味は悪くない!

はじめてつくったアイリッシュコーヒーのお味は、甘さ控えめにしましたが、悪くなかったです

でも砂糖をもう少し入れたほうがいいと思いましたし、浅煎りのコーヒーだとアイリッシュコーヒー感が薄い気がします

イメージとしても深い琥珀色のコーヒーがアイリッシュコーヒーのイメージだし、ウイスキーを混ぜることを考えると、コーヒーは酸味が少ない深煎りがいいんでしょうね

個人的にはウイスキーはもう少し多めでもいいかな

コーヒーに溶けるクリームと少し甘くてウイスキーがほんのりきいたコーヒーはとても美味しいです

寒い時はこれを頂くと元気が出るのはわかりますね…

アイリッシュコーヒーの課題を洗い出してみました

アイリッシュコーヒーをつくってみて次回の課題は以下の通りです

■コーヒーは酸味の少ない深煎りが良さそう
■砂糖は大さじ1くらい入れてもいいかも
■クリームは緩すぎず固すぎず
■アルコールを飛ばすときにビビるので、飛ばしてからの段取りを良くしておく
■コーヒーを淹れる、ウイスキーを温める、ホイップクリームを作るの3工程を段取り良くできるように、整理しておく
■冬なのですぐに冷める問題がありましたので、カップを直前まで熱湯で温めて、すぐに飲んでもらえるように環境を整える

次回は改善してもっと美味しいアイリッシュコーヒーを淹れたいです

Atsuko

最後まで読んでくださりありがとうございました

Atsuko

Have a good tea time!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

Follow me!

この記事を書いた人

航空会社、外資系ラグジュアリー業界を経てヴィンテージショップを経営。
喫茶が大好きで、紅茶、コーヒー、日本茶、中国茶を巡って旅をしたりしていました。
趣味はお菓子作り、料理、金継ぎ。

目次
閉じる