ティータイム好きなヴィンテージの銘菓図鑑Vol.1〜絵本お菓子「きつねとレモン」の魅力

このブログはどんなブログ?
このサイトにお越しくださいまして、ありがとうございます!ティータイム好きなヴィンテージTea with DressのAtsukoです。簡単に説明しますね…
目次

この記事をお勧めしたい方は…

・ティータイムが好きな方
・お菓子が好きな方
・銘菓が好きな方
・かわいいお菓子を探している方
・新しい食べ物が好きな方
・レモンのお菓子が好きな方
・クッキがー好きな方
・チョコレートが好きな方
・モロゾフが好きな方
・絵本が好きな方
・イラストが好きな方
・かわいい箱や缶が好きな方

このブログでは、ティータイムを楽しくする可愛いお菓子をご紹介しています。
リラックスして読んでいただけると嬉しいです。

Atsuko

こんにちは。
ティータイム好きなヴィンテージ
Tea with DressのATSUKO(@Teawithdress)です。
私は毎日ティータイムを楽しみに生活しています。

博多だるまさん(コーヒー好き)

昨日は博多阪急へ行ったんだよね

Atsuko

そうなんですよ、博多だるまさん!
心がときめくお菓子に出会いましたよ♡

博多だるまさん(コーヒー好き)

へー!教えて!

求めていない時に…素敵なお菓子に出会うデパ地下

先日、博多阪急へふらっと行った時、とてもかわいいお菓子に出会いました。

博多阪急のデパ地下は、地下から地下鉄に近いエントランスがメインになっていて、たいていお菓子のポップアップは水曜日からスタートします。

私は先日の木曜日に用があって博多阪急のデパ地下に寄り道しました。

ポップアップコーナーには、心を奪われるようなかわいいお菓子が置いてありました。

私は衝動買いはしないほうなのですが…

このお菓子は運命的なものを感じたので 買って帰ることにしました。

恐るべし、デパ地下!

キツネとレモンにキュンとしました

阪急のポップアップは、可愛らしかったり、いつも福岡にないブランドが来るので、毎回楽しみです。

キツネとレモンは、什器やディスプレイ、スタッフさんのコスチュームも凝っています。

例えば、コスチュームはベレー帽とナチュラルなウエアで可愛らしい印象でした。

こだわってるなぁ〜♡

特に私が心を奪われたのは、パッケージの可愛らしさです。

私はイラストレーションが好きなので、絵本のようなパッケージが好きです。

日本のスイーツは、近年パッケージがレベルアップしていますよね…

かわいいお菓子が多すぎて、まだまだ出会えていないお菓子がたくさんあります。

かわいいお菓子って心がときめきますよね!

お菓子自体が素敵なストーリーテリングになっています

帰宅してから、キツネとレモンで購入したお菓子をニヤニヤしながら見ていました。

この時間も楽しいですよね

いただいた冊子を家に帰ってから、ゆっくり眺めていたら、絵本になっていて完成度が高くて驚きました。

本気の絵本だ!!

そうなんです!

本気の絵本なのですよね。

ストーリーがまたいいんですよね…

キツネとレモンをネットで調べてみると、イラストは福岡出身のイラストレーターの西淑さんという方でした。

そしてパッケージデザインもデザイン会社がやっているみたいで、ヴィジュアルに力を入れていることがわかりました。

公式サイトも音楽と絵本がとても素敵でした


ここまでつくり込んでいるのをみると、ビジネス目線で見ても、会社の社運をかけているのが伝わります。

こちらはキツネとレモンのユーチューブ動画です。

お菓子の一つ一つが可愛いです

レモンの焼き菓子は、みんなの好きなお菓子ですよね…

私もレモンの焼き菓子が大好きなのでよく買いますが、こちらはとびっきりキュートです。

眠りキツネのレモンケーキ

キツネのキャラクターがレモンの焼き菓子の上に形になっているのでとても可愛いんです!

美味しい!

お菓子のデザインもパッケージも凝っています

お菓子を包むビニールの袋には、内側からレモンのイラストが描かれています!

すごく凝っていますし、物語の中に出てきそうな可愛らしいものです。

過去に食べたレモンの焼き菓子の中でいちばん可愛かったです。

お花のクッキーがキュートでクオリティーは高い!

夢見るキツネのレモンフラワー

お店で見た時にいちばん買いたいと思ったのがこのクッキーでした。

メレンゲが美しいしデザインが可愛い。

メレンゲはサクッとしていました


真ん中のイエローはレモン味のチョコレート!香りがいいし美味しいです
下はハード目のクッキーですが、そのまま食べると全部が割れてしまいそうだったので、お皿に乗せながらいただきましたが、とても美味しかったです。

このビニールの袋も内側にイラストが描いてあってとても凝っています。

レモンチョコの上のシルバーのツブツブ砂糖菓子がレトロなフィーリングで、昔のお菓子にのっていたので懐かしく感じます。

チョコレートのコレクションボックスが可愛すぎます

この箱素敵です

キツネとレモンのお菓子の箱がどれも可愛くて、贈り物用と一緒にたくさん買ってしまいましたが、捨てないで何かの箱にしたいと思ったのはこの箱でした。

中は2段になっていますが、チョコレートのデザインがモロゾフならではの美しさと、目で楽しめるかわいらしさでした

このパッケージ、美味しさ…良心的な価格帯です

コロナ渦では、お友達に会う時間が制限されるようなライフスタイルになってきました。

たまにしか会わないので、お友達と会う時や何か贈り物をしたい時に、かわいいお菓子をあげたいなって気持ちになると思います。

モロゾフさんの新しい挑戦は、美味しい品質と経験が生かされた、素晴らしいブランディングを発揮してくださいました。

キツネとレモンのオススメポイント

可愛いお菓子を買いたい方に、さらに楽しめるポイントをお伝えします。

必ず冊子を持って帰っていただきたいです

ジャバラ式の冊子には、片面はかわいいお話絵本になっていています。
絵本の内容も心が温まる本物の絵本でした。

クオリティーがとても高いです

絵本ページの文章を隅々まで読むとお菓子との発見がたくさんあります。

この冊子がかわいいので、インスタグラムとウェブを拝見しましたが、サイトはとても凝っていました。

商品をきれいに見やすくしているところも素晴らしいので、是非見て頂きたいです。

がんばる老舗菓子メーカー「モロゾフ」

キツネとレモンはモロゾフの新ブランドです。

モロゾフは代表的な菓子メーカーで国民的お菓子の代表です。

デパ地下には必ずありますしショッピングモールにも置いています。

見慣れているモロゾフのお菓子ですが、モロゾフが当たり前になって、新鮮さがなかったりします。

でも、困った時はモロゾフに頼ったり、たまに懐かしいモロゾフを求めたりすることもあると思います。

そんな老舗のお菓子メーカーのモロゾフも、時代の波にのって、色々と新しいお菓子のブランディングを手がけています。

濃厚なバターの香りに本気を感じた焼き菓子ブランドの「ガレットオブール」

去年「ガレットオブール」というお菓子ブランドが美味しくて気に入っていました。

パッケージの裏を見ると、こちらのお菓子はモロゾフが手がけていました。

頑張ってるなぁ〜

素直にそう思いました。

私の好きな焼き菓子のひとつに、ガレットブルトンヌがあります。

フランスのお菓子で、ブルターニュ地方の伝統的なサブレです。
サクサクの食感で、塩味があって、バターがきいている焼き菓子でこれが好きなんですよね。

ガレットオブールのガレットブルトンヌは、バターがとてもいいものを使っているので、最高のお味なのですが、パッケージもシンプルで上品です。

プライスも買いやすい価格なので、去年はこのお菓子を差し上げることが多かったです。


モロゾフのお菓子は、子供の頃から食べ慣れていますが、スイーツ業界の競争が激しい中、企業努力を惜しまずに、常にチャレンジをしていらっしゃるモロゾフさんがすばらしいです。

デパ地下のお菓子も、見慣れたものから新しいお菓子へシフトされています。
老舗の菓子メーカーは過渡期を迎えて新しいファンを取り込む戦略にかかったのでしょうね。

まとめ

スイーツ業界は戦国時代と言えるのではないでしょうか。

老舗だけではなく新しいお菓子のブランドや、個人でやっているスイーツなどいろいろな選択肢があります。

スイーツは見た目の美しさだけではなく、ヘルシー面の選択肢なども増えて、とても賑わっています。

キツネとレモンは、おいしいお菓子にあぐらをかくのではなく、 西淑さんのように注目のイラストレーターさんを起用して、パッケージやストーリーテリングに仕立て、お菓子を制作するというブランディング力が素晴らしい。

勇気づけられるものがありました。

お友達にあげたり、自分へのご褒美として、ティータイムに貢献する商品だなぁと思いました。

Atsuko

最後までお読みいただきありがとうございました

Atsuko

Have a nice tea time!

博多だるまさん(コーヒー好き)

You to!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

Follow me!

この記事を書いた人

航空会社、外資系ラグジュアリー業界を経てヴィンテージショップを経営。
喫茶が大好きで、紅茶、コーヒー、日本茶、中国茶を巡って旅をしたりしていました。
趣味はお菓子作り、料理、金継ぎ。

目次
閉じる