【おすすめの紅茶】Vol.3 一級品!フォートナム&メイソンのダージリンティーFTGFOP

F&Mダージリン

年末の節目、自分を労う紅茶はフォートナム&メイソンのダージリンティー

みなさん、こんにちは

ティータイム好きなヴィンテージショップTea with DressのAtsukoです

2021年もあっという間に終わりますね

忙しい時期ですが、こんな時こそ自分を労いたい気持ちでティータイムを過ごしたいものです

今日はフォートナム&メイソンのダージリンFTGFOPをご紹介したいと思います

目次

最上級の紅茶はダージリン

紅茶の中でも知っている方が多いのがダージリンティー

「紅茶のシャンパン」という素敵なニックネームで呼ばれていますよね

高級感がありますが、フォートナム&メイソンの中でもダージリンFTGFOPは高級な紅茶です

なぜダージリンティーは高価なのか?

お茶もワインと同じように、生育条件が厳しいほど、珍重される品種になることが多く、ダージリンティーはヒマラヤの麓の山岳地帯で収穫されています

ダージリンは、世界でも最も高産地の茶葉の一つで、樹齢百年以上の茶樹から摘まれたものなので貴重なのです

最高品質のティップから作られるので、自然の恵みをしっかり受けてかすかなマスカットの風味、フルボディーがしっかりしているそうです

なんだかこれってワインの表現ですよね

確かにダージリンティーの茶葉は、他の紅茶と違っています

茶葉が大きいので蒸らす時間が大切ですよね

また、ブラックティーと違って色が薄い、とっても上品な色です

それだけ採取する手間やたくさん取れないのでやっぱり高価なんですね

TGFOPって何?

TGFOP =ティッピーゴールデンフラワリーオレンジペコと読みます

オレンジのGoldenTipをたくさん含んでいることが多いのでリッチな印象です


2021年1月1日はこの紅茶でスタートしました

今年の元旦はいい年になるといいなぁとダージリンでスタートしましたが、100g¥3,000以上の高級茶葉をいただくのは初めてでした

色々あった2020年から学んだことは多かったけど、気持ちの新たに良いお茶で心を整えることができて良い気分でした

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ダージリンティー.jpg

特別な気分の時はこの紅茶をいただいて、気合を入れますので、師走の最近も、締めくくりにいただきたいですね

高級なリーフティーには特別な思いの茶筒にいれる

最後にイギリスを訪れた2019年12月にPOSTCARD TEAという紅茶のお店を訪れました

インテリア、紅茶のパッケージ、ディスプレイされている茶器など全てが洗練されたお店でした

特にびっくりしたのは日本茶が多かったことでした

その前の年に訪れたベルリンにも日本茶を置いているお店がありましたので、ヨーロッパで日本茶がブームになっていることは感じていました

ここにはアレがありました…

残念ですが、画像が残っていませんでしたが、POSTCARD TEAには何やら見たことがある茶筒がありました

「あれ?これは開化堂のじゃない?」

近づいて見てみると、京都の開化堂の茶筒にPOSTCARD TEAのロゴとティーポットのイラストが彫ってありました

「わ〜!これ欲しい」

と思わず買いたくなりましたが、本店も買えるみたいなので、気持ちを持ち帰ることにしました

それから1年が経って昨年京都の開化堂本店へ行きました

興奮のあまり、店内の画像は一枚だけ

茶さじをプレゼントしていただき、名前を掘っていただいた時の画像です

3色の中から私はブリキにしました

シルバーがこのティーポットの彫刻にいい感じだったので気に入りました

ダージリンを開化堂の茶筒に入れて

ロンドンで出会ったPOSTCARD TEAと開化堂のコラボ茶筒にフォートナム&メイソンのダージリンFPGFOPを入れて、未来に思いを馳せる

今月はクリスマスです

クリスマスケーキとダージリンFPGFOPで、自分と向き合いたいと思います

最後まで読んでくださりありがとうございました

F&Mダージリン

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

Follow me!

この記事を書いた人

航空会社、外資系ラグジュアリー業界を経てヴィンテージショップを経営。
喫茶が大好きで、紅茶、コーヒー、日本茶、中国茶を巡って旅をしたりしていました。
趣味はお菓子作り、料理、金継ぎ。

目次
閉じる